イノベーション都市・横浜/YOXO(よくぞ)

イノベーション都市・横浜

  • ◇『イノベーション都市・横浜』宣言◇

    横浜市は、2019年1月に、研究者・技術者、起業家、学生などの人材が、組織を越えてネットワークを広げ、新たなイノベーションを横浜から創出していく、「イノベーション都市・横浜」を宣言しました。

    これまでに、新たに設置されたみなとみらい21地区の研究開発拠点をはじめ、様々な民間企業や、大学によりイノベーション人材の交流機会が形成されています。

    今後、この取組がさらに認知され、大きなムーブメントとしていくため、「イノベーション都市・横浜」の象徴となるロゴマーク・ステートメントYOXO(よくぞ)を決定しました。ロゴマークをシンボルとして企業、団体・個人がつながり、新たなビジネスを生み出す環境を作ります。

    『イノベーション都市・横浜』宣言

    YOKOHAMA CROSS OVER

    詳細(外部サイト)

YOXO BOX(ベンチャー企業成長支援拠点)

  • ※新型コロナウイルス感染拡大に伴い、YOXO BOXは、5月6日(水)まで閉館と致します。

    横浜市は、令和元年10月31日(木)、関内にベンチャー企業成長支援拠点として、「YOXO BOX(よくぞボックス)」を設置しました。

    YOXO BOXは、本拠点が横浜に新しい交流を生み出すためのサンドボックス(砂場=実験場)となるという意味を込めて命名しました。YOXO BOXでは、「イノベーション・都市」横浜の推進に向け、以下のような活動を行います。

    • ベンチャー企業等を対象とした成長支援プログラム(YOXOアクセラレータプログラム)
    • 起業志望者を対象としたビジネス講座(YOXOイノベーションスクール)の開催
    • ベンチャー支援の専門家による個別相談
    • イノベーション創出のための交流・ビジネスイベント

    場所:横浜市中区尾上町一丁目6番ICON関内(1階)

    YOXO BOX外観

    YOXO BOX内観

    詳細(外部サイト)