2018.02.02

地域文化資源活用空間創出事業(商店街支援事業)


インバウンドが加速する中で、2020年オリンピック・パラリンピックの開催、2025年大阪万博の誘致を見据えて、クールジャパンを自走させるため、クールジャパン政策の3つのステップ(1.日本ブーム創出、2.海外で販売、3.日本国内で消費)を実現していくことが重要です。

本事業では、3つのステップのうちの3のステージを実現するため、歴史的建造物群を中心としたまちなみ整備や、文化イベントを契機とした地域の活性化、名所・観光地・食文化等、地域文化資源と連携した空間創出によって、にぎわいを創出し、外国人観光客等を増加させるとともに、これらと連携した商店街の活性化を図ることを目的とします。

概要

公募期間
平成30年1月26日(金)~平成30年3月1日(木)

補助対象者
1.商店街組織
2.商店街組織と民間事業者の連携体

補助対象事業
(1)地域文化資源活用空間整備事業
(2)地域文化資源活用交流促進事業

補助事業実施場所
原則、商店街区内(共同店舗・テナントビル等はその施設内)とします。 ただし、商店街等での事業効果(歩行者通行量の増加、外国人観光客数の増加、売上高の増加等)が 充分に見込まれるのであれば、実施場所が商店街区外であっても認められる場合があります。

補助事業期間
交付決定日から平成30年3月30日(金曜日)まで

■お問い合わせ
関東経済産業局 流通・サービス産業課 商業振興室 TEL:048-600-0317

詳細はこちらのページを御覧ください
http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/shougyou/29fy_bunkasigenkatuyo_kukansousyutujigyo.html


2018.02.02

地域文化資源活用空間創出事業(商店街支援事業)


インバウンドが加速する中で、2020年オリンピック・パラリンピックの開催、2025年大阪万博の誘致を見据えて、クールジャパンを自走させるため、クールジャパン政策の3つのステップ(1.日本ブーム創出、2.海外で販売、3.日本国内で消費)を実現していくことが重要です。

本事業では、3つのステップのうちの3のステージを実現するため、歴史的建造物群を中心としたまちなみ整備や、文化イベントを契機とした地域の活性化、名所・観光地・食文化等、地域文化資源と連携した空間創出によって、にぎわいを創出し、外国人観光客等を増加させるとともに、これらと連携した商店街の活性化を図ることを目的とします。

概要

公募期間
平成30年1月26日(金)~平成30年3月1日(木)

補助対象者
1.商店街組織
2.商店街組織と民間事業者の連携体

補助対象事業
(1)地域文化資源活用空間整備事業
(2)地域文化資源活用交流促進事業

補助事業実施場所
原則、商店街区内(共同店舗・テナントビル等はその施設内)とします。 ただし、商店街等での事業効果(歩行者通行量の増加、外国人観光客数の増加、売上高の増加等)が 充分に見込まれるのであれば、実施場所が商店街区外であっても認められる場合があります。

補助事業期間
交付決定日から平成30年3月30日(金曜日)まで

■お問い合わせ
関東経済産業局 流通・サービス産業課 商業振興室 TEL:048-600-0317

詳細はこちらのページを御覧ください
http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/shougyou/29fy_bunkasigenkatuyo_kukansousyutujigyo.html



助成金一覧へ

助成金一覧へ


© 2018 CITY OF YOKOHAMA. ALL RIGHTS RESERVED.


  • OPEN YOKOHAMA
  • HOME
  • PAGE TOP

© 2018 CITY OF YOKOHAMA. ALL RIGHTS RESERVED.