「こどもと育つ地域づくりのためのコーディネート講座」 ~まちで育てる、まちで育つ、まちが育てる、まちが育つ~

開催日時
第1回:12月5日(火)18:30~20:30、第2回:12月9日(土)10:00~12:00、第3回:12月13日(水)18:30~20:30、第4回:12月19日(火)18:30~20:30
開催場所
第1回:横浜市市民活動支援センター、第2回:こまちカフェ、第3回:認可保育所「ピッピ保育園」、第4回:横浜市立大学金沢八景キャンパス


こどもたちの生活をより豊かにするためには、“まち”にあるさまざまな資源を活用し、“まち”での出会いをどんどんつないで関係性を広げていくことが大切です。そして、こどもを見守る環境づくりには、こどもを囲い込まず、場や機会を開き、身近な地域と一緒になって、“まち”で育っていく土壌づくりをすることが大切です。子育て支援の場でも、保育施設や教育施設はもとより、家庭生活でも、地域の活動の場でも、「こどもがまちで育つ」視点を大切にする・・・本講座では、こどもの育ちとともに地域も豊かに成長させようとする事例のけん引役の皆さんから、こどもと育つ地域づくりに必要なコーディネートの極意を学びます。

概要

日時:第1回:12月5日(火)18:30~20:30、第2回:12月9日(土)10:00~12:00、第3回:12月13日(水)18:30~20:30、第4回:12月19日(火)18:30~20:30

会場:第1回:横浜市市民活動支援センター、第2回:こまちカフェ、第3回:認可保育所「ピッピ保育園」、第4回:横浜市立大学金沢八景キャンパス
対象:「市民活動」「協働」「中間支援」「市民活動のコーディネート」に関心のある方、市職員、学生※先着順の受付となります。
費用:1000円
講師:松岡 美子 氏 (NPO法人グリーンママ理事長、横浜市市民協働推進委員会 委員)、西川 正 氏 (NPO法人「ハンズオン!埼玉」理事、大妻女子大学非常勤講師)、 森 祐美子 氏(NPO法人こまちぷらす代表)、三輪 律江(横浜市立大学学術院国際総合科学群国際都市学系まちづくりコース 准教授)

 

第1回:事前学習/こどもの居場所からみる横浜の協働
こどもを取り巻く環境はどのように変化してきたのか。そして、こどもがまちで成長し、大人も地域も成長していくためには何が求められているのか。

第2回:事例見学/対話とWinWinの関係づくり
赤ちゃんと家族を祝福する気持ちをこめて、地域みんなから「ウェルカムベビーボックス」をお贈りする日本初の民間型プロジェクト「ウェルカムベビープロジェクト」。未来を担うこどもたちの誕生が、家族・街・企業に歓迎される社会になることを願い、2016年、横浜市戸塚区の“NPO法人こまちぷらす”が始めました。また、「こんなものがあったらいいな」という子育て中の父親の声をくみ取り、全国で初めて“紙おむつと飲料が購入できる自動販売機”を設置するなど、こどもと地域をつなげる取り組みを続けるNPO法人こまちぷらすの活動を事例に、さまざまな人や団体と協力しながら夢を実現にこぎ着けるノウハウを学びます。

第3回:事例に学ぶ/まち保育のススメ
こどもの成長過程において大切な「保護者以外の他者による見守り」と「それによる安心感」。都市部でこうした“見守り”や“安心感”を、ごく自然に生み出し、こどもたちにその実感を与えるにはどうしたらいいのか。横浜市青葉区の2つの保育所の事例を参考に、こどもも地域もそこに住む大人たちもみんな一緒になって成長していく“まち保育”について学びます。

第4回:学びを活かすワークショップ/皆でアイデアのタネを広げてみよう
皆さんが日ごろから考えている地域課題をもとに、いろいろな立場の人と出会い、その解決に向けたアイデアを出し合いながら意見交換し、コーディネートという作業のヒントを学びます。

■お問い合わせ
公立大学法人横浜市立大学 地域貢献センター
TEL:045‐787‐8930

詳細はこちらのページを御覧ください
http://www.yokohama-cu.ac.jp/ext/lib/20171205coordinate.html


イベント・セミナー一覧へ

「こどもと育つ地域づくりのためのコーディネート講座」 ~まちで育てる、まちで育つ、まちが育てる、まちが育つ~

開催日時
第1回:12月5日(火)18:30~20:30、第2回:12月9日(土)10:00~12:00、第3回:12月13日(水)18:30~20:30、第4回:12月19日(火)18:30~20:30
開催場所
第1回:横浜市市民活動支援センター、第2回:こまちカフェ、第3回:認可保育所「ピッピ保育園」、第4回:横浜市立大学金沢八景キャンパス


こどもたちの生活をより豊かにするためには、“まち”にあるさまざまな資源を活用し、“まち”での出会いをどんどんつないで関係性を広げていくことが大切です。そして、こどもを見守る環境づくりには、こどもを囲い込まず、場や機会を開き、身近な地域と一緒になって、“まち”で育っていく土壌づくりをすることが大切です。子育て支援の場でも、保育施設や教育施設はもとより、家庭生活でも、地域の活動の場でも、「こどもがまちで育つ」視点を大切にする・・・本講座では、こどもの育ちとともに地域も豊かに成長させようとする事例のけん引役の皆さんから、こどもと育つ地域づくりに必要なコーディネートの極意を学びます。

概要

日時:第1回:12月5日(火)18:30~20:30、第2回:12月9日(土)10:00~12:00、第3回:12月13日(水)18:30~20:30、第4回:12月19日(火)18:30~20:30

会場:第1回:横浜市市民活動支援センター、第2回:こまちカフェ、第3回:認可保育所「ピッピ保育園」、第4回:横浜市立大学金沢八景キャンパス
対象:「市民活動」「協働」「中間支援」「市民活動のコーディネート」に関心のある方、市職員、学生※先着順の受付となります。
費用:1000円
講師:松岡 美子 氏 (NPO法人グリーンママ理事長、横浜市市民協働推進委員会 委員)、西川 正 氏 (NPO法人「ハンズオン!埼玉」理事、大妻女子大学非常勤講師)、 森 祐美子 氏(NPO法人こまちぷらす代表)、三輪 律江(横浜市立大学学術院国際総合科学群国際都市学系まちづくりコース 准教授)

 

第1回:事前学習/こどもの居場所からみる横浜の協働
こどもを取り巻く環境はどのように変化してきたのか。そして、こどもがまちで成長し、大人も地域も成長していくためには何が求められているのか。

第2回:事例見学/対話とWinWinの関係づくり
赤ちゃんと家族を祝福する気持ちをこめて、地域みんなから「ウェルカムベビーボックス」をお贈りする日本初の民間型プロジェクト「ウェルカムベビープロジェクト」。未来を担うこどもたちの誕生が、家族・街・企業に歓迎される社会になることを願い、2016年、横浜市戸塚区の“NPO法人こまちぷらす”が始めました。また、「こんなものがあったらいいな」という子育て中の父親の声をくみ取り、全国で初めて“紙おむつと飲料が購入できる自動販売機”を設置するなど、こどもと地域をつなげる取り組みを続けるNPO法人こまちぷらすの活動を事例に、さまざまな人や団体と協力しながら夢を実現にこぎ着けるノウハウを学びます。

第3回:事例に学ぶ/まち保育のススメ
こどもの成長過程において大切な「保護者以外の他者による見守り」と「それによる安心感」。都市部でこうした“見守り”や“安心感”を、ごく自然に生み出し、こどもたちにその実感を与えるにはどうしたらいいのか。横浜市青葉区の2つの保育所の事例を参考に、こどもも地域もそこに住む大人たちもみんな一緒になって成長していく“まち保育”について学びます。

第4回:学びを活かすワークショップ/皆でアイデアのタネを広げてみよう
皆さんが日ごろから考えている地域課題をもとに、いろいろな立場の人と出会い、その解決に向けたアイデアを出し合いながら意見交換し、コーディネートという作業のヒントを学びます。

■お問い合わせ
公立大学法人横浜市立大学 地域貢献センター
TEL:045‐787‐8930

詳細はこちらのページを御覧ください
http://www.yokohama-cu.ac.jp/ext/lib/20171205coordinate.html


© 2017 CITY OF YOKOHAMA. ALL RIGHTS RESERVED.


  • OPEN YOKOHAMA
  • HOME
  • PAGE TOP

© 2017 CITY OF YOKOHAMA. ALL RIGHTS RESERVED.